どんな提案をすれば効果的かを具体化する「ソリューション開発」

どんな提案をすれば効果的かを具体化する「ソリューション開発」

ソリューション開発とは、顧客ニーズ調査を行い、「どんな提案をすれば見込み獲得が効率よく行えるか?」を具体化する業務のことです。BtoBの営業戦略を効率よく行うために「どんな提案をすべきか?」を根本から考え、コンセプトや提案するソリューションを見直しします。

右の2つのポイントのように、顧客ニーズと御社の強みをうまく連動させる提案を実現することが、ソリューション開発の大きな狙いです。

ポイントソリューション開発のポイント

1つ目のポイントは「顧客ニーズ調査」です。顧客のニーズを定期的に把握し、ニーズにあった提案をすることが重要です。
2つ目のポイントは「御社の強み」です。強みを生かした提案にすることで、確度の高い見込み開拓が可能となります。

どうやってソリューション開発するのか?

ソリューション開発は、2つの方法があります。1つはソリューションの仮説を立ててPDCAを回しながら検証する方法と、もう1つは顧客ニーズを蓄積しながらソリューションを見出していく右図のような方法です。右図の方法の場合は、サイクルがまわればまわるほど、ソリューションの確度が高くなり、売れる提案ができるようになります。

どちらもメリット・デメリットがありますので、御社の状況に応じて最適な方法を選択することが重要です。

ポイントソリューション開発の基本サイクル
ソリューション開発

ソリューション開発の5つのメリット

ニーズのある提案ができる

ソリューション開発により、顧客ニーズをつかんだ提案営業ができるようになります。

確度の高い提案

ソリューション開発により、顧客ニーズにあった確度の高いソリューション提案営業が実現します。

間口の広い見込み開拓

ソリューション開発により多数のソリューションが提案できるようになれば、間口の広い見込み開拓が可能となります。

商品力・差別化の強化

ソリューション開発でニーズの蓄積を行いますので、顧客ニーズをベースにした商品力・差別化の強化が実現します。

コンテンツマーケティング連動

ソリューション開発により、どんな情報にニーズがあるのか?を掴めますので、質の高いコンテンツ制作に役立ちます。