効率・効果の高い営業戦略を実現

デジタルマーケティングを活用した営業戦略を作戦・戦術・計画の3つに分解して立案

営業戦略の立案方法

THREE-VIEWの営業戦略の立案方法は、営業戦略を作戦・戦術・計画の3つに分解して立案します。その立案方法の詳細については、右のコラム「BtoB企業の営業戦略の立て方「作戦・戦術・計画」の3つに分解して戦略を立案する方法」をご確認ください。

BtoB企業の営業戦略の立て方「作戦・戦術・計画」の3つに分解して戦略を立案する方法
BtoB企業の営業戦略の立て方「作戦・戦術・計画」の3つに分解して戦略を立案する方法
営業戦略の立案の注意点

立案する営業戦略はデジタルマーケティングコンテンツマーケティングに即した営業戦略です。そのため、飛び込み営業、電話営業を活用した営業戦略の立案は行なっておりません。基本的には、WEBやメルマガといった、デジタルマーケティングを中心とした営業戦略となります。

営業戦略の立案による成果物「営業戦略の俯瞰図」

営業戦略を立案した成果物として、営業戦略の俯瞰図を作成します。俯瞰図には、KGIとKPIを記載しますので、俯瞰図により戦略全体のPDCAを回すことが可能となります。

俯瞰図は戦略全体の流れ(営業シナリオ)と、各作戦における戦術のポジショニングをエクセルシート1枚で表現しています(右図参照)。右の俯瞰図はノウハウ漏洩を防ぐためにぼかしを入れてありますが、勉強会もしくは、「営業戦略の立て方をまとめたPDF資料」をお申し込みいただければ、サンプルをご覧頂けます。

営業戦略の立案による成果物「営業戦略の俯瞰図」

営業戦略の立案後について

営業戦略の立案後は、KGIやKPIの現状を分析し、戦略上悪い部分を明確にした上で、改善策を立案・ご提案いたします。同時に、PDCAによるKGIとKPIの改善業務もコンサルティングさせていただきますので、営業戦略を立案して終わりということはありません。