オンラインセミナー・ウェビナーの集客強化や営業・商談創出する2つのコツ

BtoB企業のオンラインセミナーの開催・集客のコツ

コロナ禍の影響により、BtoB企業では頻繁にオンラインセミナー・ウェビナーが行われている。毎日どのくらい開催されているのか、その詳細なデータはもちあわせていないが、それなりの数があると容易に想像できる。そうなると、当然、オンラインセミナー・ウェビナーの案内メールは大量に配信されることになる。その結果、メール自体が埋もれてしまい、なかなか集客できないといった課題を生み出す。

実際に弊社にも下記のようなご相談を多くいただく。

ウェビナー及びオンライン展示会の集客を増やしたい。
(IT企業D社Y様)
オンラインセミナーによる商談獲得をしたい
(IT企業U社K様)
支持のある・ないWebコンテンツの相違(特にウェブセミナー)は?
(IT企業S社U様)

このようなご相談は非常に多く、そしてその課題も根深いことが多い。そこで今回のコラムでは、オンラインセミナー・ウェビナーの集客のコツ、営業創出(商談創出)のコツについて、ご紹介しよう。なお、本コラムで対象とするオンラインセミナー・ウェビナーは、「自社のハウスリストに対して実施するBtoB企業のオンラインセミナー・ウェビナー」を想定している。不特定多数の企業に対して実施するようなオンラインセミナー・ウェビナーは対象外としている。またセミナーの講師も有名人などではなく、「自社の社員、有識者」を想定している。

集客や商談創出ができない2つの大きな要因

要因1:「買うタイミング」の問題

オンラインセミナー・ウェビナーを実施する場合、自社が保有するハウスリストに対して、オンラインセミナー・ウェビナーの開催案内メールを配信する。このとき、数を優先して無関係なリードに対して配信するのではなく、やはりそれなりに「このセミナーの内容であればこのリードグループに配信すればいいのではないか?」など、リードのセグメンテーションやターゲティングも行った上でメールを配信する。それでも集客できないことがある。

その要因は、リード側のタイミングの問題がある。例えば、IT企業であれば、自社ソリューションの導入事例や成功事例、製品紹介をセミナーにすることが多いが、買う気もない(買うタイミングでない)リードから見れば、全く興味がないのである。そのため、無視されてしまう。

理想論を言えば、買うタイミングであろうリードを抽出して、抽出したリードの状況に合わせてオンラインセミナー・ウェビナーの内容をカスタマイズし、案内メールを配信できれば良いが、MAやSFAをうまく連携し活用してもBtoBである場合、なかなか難しいケースが多い。

要因2:「セミナーの内容やネタ」の問題

オンラインセミナー・ウェビナーを開催する場合、当然、セミナーのテーマがあり、アジェンダ(セミナープログラム)がある。その内容が毎回同じような内容だとどうだろうか?自社のハウスリストにメールで案内する以上、内容が同じであれば、だんだんそのセミナーの情報の鮮度は薄れていき、集客力が低下する。

そのため、セミナーの内容・ネタについては定期的に見直す必要があるが、マーケティング部門(セミナーの開催担当者)からみれば、セミナーの講師(事業部や営業部、技術部の担当者)が「ネタの変更」に合意してくれないと、見直すことはできない。ここに部門間の壁が発生し、なかなか集客につながらない。当然、ネタも毎回同じであれば、「商談創出」につながる可能性も毎回同じである。商談創出の可能性を高くすることは難しい。

集客や商談創出を強化するための2つの重要ポイント

ご紹介した2つの要因を解決する重要なポイントを2つご紹介する。

ポイント1:「アンケート回答を活用」

要因2:「セミナーの内容やネタ」の問題を解決するのに重要なのが、アンケートデータの活用だ。オンラインセミナー・ウェビナーではセミナー開催時にアンケートを実施することが多い。その際に、「今後どんなセミナーを実施すれば良いか?」の判断材料となるアンケートを必ず実施するようにしよう。

そうすれば、蓄積されたアンケートデータを分析して、「どんなセミナーの内容・ネタにすれば集客しやすいか?」の「セミナー企画設計」が柔軟にできるようになる。しかも、アンケート回答が「エビデンス」となり、セミナーの講師(事業部や営業部、技術部の担当者)へのネタ変更交渉も行いやすくなる。

実際にリードが回答したアンケートデータをベースに「リードにとって興味のあるセミナーネタ」を設計することができれば、当然、セミナーの集客力は向上する。今からでも遅くない。過去に実施したセミナーのアンケートデータを集計し、分析してみよう。良いヒントが得られるはずだ。もしヒントがなければ、アンケートの質問設計に問題がある。アンケートフォームや用紙を見直ししよう。

ポイント2:「オンとオフの使い分け」

弊社では、オンラインセミナー・ウェビナーを「オンのセミナー」と「オフのセミナー」に区別して設計している。この2つを使い分ける・組み合わせることで、集客や商談化を促進できる可能性がある。

「オンのセミナー」とは

オンのセミナーとは、「自社製品・サービス・ソリューションを売り込むことを目的」としたセミナーのことだ。おそらく、一般的に開催されているオンラインセミナー・ウェビナーのほとんどがこのタイプになる。事例紹介、機能紹介、ハンズオンセミナーなどはすべてオンのセミナーといっていいだろう。

「オフのセミナー」とは

オフのセミナーとは、「自社製品・サービス・ソリューションを売り込まず、リードとの関係深耕を目的」としたセミナーのことだ。自社製品・サービス・ソリューションの話はほとんどしない上に、売り込みもしない。セミナーの内容は「何かの課題を解決するノウハウ」などである。

「オン・オフのセミナー」の例

例えば、RPAやAIを販売しているIT企業があるとしよう。この企業のオンのセミナーは、「自社で取り扱っているRPA製品・AI製品の紹介セミナーや事例セミナー」だ。オフのセミナーは、「RPA化・AI化すべき業務をどうやって見つけだすか?その費用対効果はどう計算するか?」といったセミナーだ。

オンのセミナーでは、しっかり製品を売り込めば良いが、オフでは製品の案内などはほとんどせず、RPA化・AI化すべき業務について徹底的にリードと意見交換しながらセミナーを進める。「御社の業務はこういう特性がありますからこういう業務をRPA・AI化するといい」といった具合に相手の状況などに合わせてセミナーを実施できれば理想的である。

どっちが集客しやすいか?商談創出しやすいか?

この例のようにオンとオフのセミナーを企画設計することで、集客や商談創出の可能性を高めることができる。

要因1:「買うタイミング」の問題でご紹介したように、買うタイミングにないリードでも、オフのセミナーであれば、興味を示し、話を聞いてくれる可能性がある。ツールの選定段階・購入段階になくても、「将来的には検討する可能性がある」以上、オフのセミナーは興味を示す可能性が高い。

また、オフのセミナーを実施して、「RPA化・AI化すべき業務」が明確になったら、いよいよ購入検討段階に入る可能性もある。そういった場合は、オフからオンに連動させてセミナーを実施すれば良い。そうすれば、商談創出につながる可能性も出てくるだろう。

このようにオンとオフを連動させることは、「買うタイミングを作り出す」もしくは「買うタイミングを早める」といったことができる可能性も秘めているのである。

それもせずに、常に「オンのセミナー」ばかりやっていては、リードから見れば「しつこい売り込み」と変わらないのである。

オンラインセミナー・ウェビナーの集客・商談創出

オンラインセミナー・ウェビナーの集客や商談創出のコツについてご紹介した。今回のコラムでは、アンケートデータの活用によるネタの設計と、オンとオフセミナーの使い分けについて解説した。良いヒントになれば幸いである。

また、「商談創出」をより確実に行うには、リードとのOneToOneの個別相談・導入相談を作り出していく必要もある。この内容については、下記の資料で詳しく解説しているので、是非参考にしていただけたらと思う。

下記の資料では、アンケートデータ以外の方法でリードに刺さるセミナーをどのように設計すべきか?やどんな形でセミナーを開催すれば商談につながりやすいか?などを詳しく事例を交えて解説している。

商談や案件につながるオンラインセミナーの設計・実施方法とその成功事例
〜個別相談・デモ・見積依頼につながるセミナー実施方法〜
https://homepage.aluha.net/contact/white-paper/#r24

BtoBデジタルマーケティング・営業戦略のノウハウ資料

BtoBデジタルマーケティング・営業戦略に関するノウハウ資料

BtoBに特化したデジタルマーケティングや営業戦略の立て方に関するノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

・BtoB向けの営業戦略の立て方・WEB戦略の立て方
・営業DX・マーケティングDXのメリットと他社の11の取組事例
・MAとオンラインセミナーで商談を生み出す方法
・BtoBメルマガの開封率・クリック率を高める7つの法則
・BtoBデジタルマーケティングの成功事例
・見込み客を振り向かせるための4つのコンテンツとその作り方

このほかたくさんの資料がダウンロードできます。