2018年10月4日

BtoBデジタルマーケティングのGoogleアナリティクス活用「訪問企業名分析と訪問ページ分析」

Googleアナリティクスで訪問企業名と訪問ページを分析する方法
LINEで送る
Pocket

BtoBのデジタルマーケティングでは、コンバージョン件数を増やすために、自社のWEBサイトのアクセス数増加やSEO対策が重要な施策の1つとなる。しかし、BtoBの場合、ある特定のキーワードを選定し、SEO対策を行い、アクセス数を増加させても、コンバージョン件数が増えないということがある。

その要因の1つとして考えられるのが「キーワードの選定ミス」だ。

BtoBの場合、獲得したいリードは「企業」であるが、SEOキーワードの選定をミスすると「個人(企業ではなく主婦や学生などの個人)」からのアクセスが増えてしまうことがある。これが要因となって、アクセスが増えてもコンバージョンが増えないという結果に陥る。こうなると、どんなにデザインや問い合わせフォーム、導線を見直ししても、効果はない。

そこで、重要となるのが、SEO対策後の「アクセス・訪問者企業分析」である。「アクセス・訪問者企業分析」とは、SEO対策を行ったWEBサイトに、本当にリードとなりえる企業が訪問・アクセスしているのかどうか?を確認することだ。PDCA業務の1つといえる。上述したように、個人が来ていないか?競合企業ばかりではないか?などを分析することで、SEO対策の本当の効果が見えてくるのである。

そこで、今回のコラムでは、Googleアナリティクスを活用した、「アクセス・訪問者企業分析」の手順・やり方をご紹介する。Googleアナリティクスを活用していれば無料でできる方法のため、気になる方はご紹介した手順に沿って、一度分析してみると良いだろう。

もしかしたら、あなたのWEBサイトには個人ばかりで、見込み客となる企業の訪問がないかもしれない。

Googleアナリティクスで訪問企業名の分析が重要な2つの理由

上述したように、Googleアナリティクスで自社のWEBサイトに訪問している企業名を知ることは非常に重要である。その理由を2つご紹介しよう。

理由1「SEO対策などの効果を分析するため」

これは上述した通りの理由で、自社のWEBサイトにターゲットとなり得る企業が訪問しているのかを分析しなければならないからだ。個人や競合ばかりでは、アクセスが増えてもコンバージョンは発生しない。

理由2「商機・勝機を逃さないため」

自社のWEBサイトに訪問している企業名がわかると、そこから商機をつかむことができる。例えば、今商談中の企業Aがあるとし、その企業Aからある期間、大量に自社サイトにアクセスがあったとする。その際、製品Aのページをよく見ていたなどがわかれば、今後の商談を進める上で、有利な情報となる。これにより、着実な提案が可能となり、商機や勝機をつかみやすくなる。

このような理由から、BtoBのデジタルマーケティングでは、Googleアナリティクスで訪問企業名の分析が重要なのである。

それでは、Googleアナリティクスで訪問企業名の分析のやり方についてご紹介する。最初に、Googleアナリティクスで訪問企業名を分析する方法を、そしてその後、訪問企業名毎にどのページを見たのか?を分析する方法をご紹介する。

Googleアナリティクスで訪問企業名を分析する方法

Googleアナリティクスで訪問企業名を分析する手順は、下記の通りである。

(1)Googleアナリティクスにログインして期間を指定
(2)対象のWEBページのみに絞る
(3)対象のWEBページに訪問している企業名を確認

それでは1つ1つ詳細にご紹介する。なお、Googleアナリティクスの画面キャプチャーを交えながらご紹介するが、画面のデザインやレイアウトは、本記事を執筆した、2018年9月29日段階のものである。

(1)Googleアナリティクスにログインして期間を指定

まずはGoogleアナリティクスにログインしよう。ログイン後、下記の左メニューにある「ユーザー>概要」をクリックする(画像内の赤線は弊社にて加えたものである)。

Googleアナリティクスのユーザー・概要メニュー

概要をクリックしたら、画面の右上に日付指定ができる箇所があるので、任意の期間を指定しよう。たとえばページを公開した日、リスティング広告を開始した日などである。特にそういう任意の日がない場合は、ある程度のアクセスのボリュームも必要になるため、2000UU以上くらいを目安に、期間を指定しよう。

Googleアナリティクスの日付指定

(2)対象のWEBページのみに絞る

次に、どんな企業が訪問しているのか?を知りたいWEBページがいくつかあるなら、WEBページを絞った分析をしなければならない(サイト全体にどんな企業が訪問しているのかを知りたい場合は、この手順は不要で、読み飛ばしていただきたい)。

例えば、新商品の案内ページを公開しており、そのページに来ている企業名を分析したいというような場合だ。

このような場合、Googleアナリティクスの「セグメント」機能を使う。具体的には、まず、上述と同様に、「ユーザー>概要」をクリックし、下記の「セグメントを追加」部分をクリックする。

Googleアナリティクスのセグメント追加

セグメント追加をクリックすると、下記のような画面になる。

Googleアナリティクスのセグメント一覧

左上の「新しいセグメント」をクリックする。すると、下記のような画面に切り替わる。

Googleアナリティクスのセグメント追加の詳細画面

この画面になったら、まずはセグメント名に任意の名前をつける。たとえば、「新商品Aのページにアクセスした訪問者のみに絞る」場合は、「新商品Aページの訪問者のみ」という具合に、わかりやすい名前にするとよいだろう。

その後、「条件」をクリックする。画面が切り替わる。

Googleアナリティクスのセグメント条件指定

画面が切り替わったら、「Flashのバージョン」と書かれている部分をクリックし、検索ボックスが出てくるので、そこにページと入力する。そうすると、緑色のボックスがいくつか表示され、その中に「ページ」としか記載されていないボックスがあるので、マウスでクリックする。そうすると、下記のようになり、「含む」の横にある入力ボックスに、新商品AページのURLを入力する。

Googleアナリティクスのページ条件指定

新商品AページのURLは、ドメイン部分は不要である。例えば、「https://www.xxxxxx.co.jp/new-seihin-a.html」が新製品AのURLの場合、「/new-seihin-a.html」の部分だけでよい。

そしてこの状態で、上にある青い保存をクリックする。クリックすると、下記のようになる。

Googleアナリティクスのページ条件完了

保存した「新商品Aページの訪問者のみ」が選択されており、この状態で、Googleアナリティクスは、新商品Aページにアクセスした訪問者に対しての分析が行える状態になっている。

これで、対象ページのみに絞る作業は終了だ。

(3)対象ページに訪問している企業名を確認

最後に、企業名を確認する方法をご紹介する。

左メニューにあるユーザー>テクノロジー>ネットワークをクリックする。

Googleアナリティクスのユーザー・テクノロジー・ネットワーク

クリックすると、下記のような画面になる。

Googleアナリティクスのネットワーク画面

この時、下記の部分が、「新商品Aページの来訪者のみ」となっているかを確認しておこう。

Googleアナリティクスのページ条件完了

確認したら、「セカンダリディメンション」というプルダウンがあるので、クリックする。クリックしたら、検索ボックスに「ドメイン」と入力し、「ネットワークドメイン」をマウスで選択する。

Googleアナリティクスのドメイン指定

ネットワークドメインを選択したら、画面が下記のように変わる。

Googleアナリティクスのドメイン選択後

そして、次に、アドバンスをクリックする。すると下記のような画面になるので、「サービスプロバイダ」とある部分をクリックし、ネットワークドメインを選択しよう。そして、右にある入力欄に「co.jp」と入力する。

Googleアナリティクスのcojpドメイン選択

これにより、co.jp(一般企業のドメイン)からのアクセスのみに絞られることになる。その後、適用をクリックすると、画面が下記のように変わる。

Googleアナリティクスのcojpドメイン

co.jpの前に黒く塗りつぶした部分があるが、これが新商品Aのページに来訪した企業のドメインである。このドメインをブラウザで打ち込むと、「企業名」がわかる。

この企業名をみながら、想定している企業が来訪しているか、確認すると良いだろう。

企業名確認の注意点

以上がある対象ページに訪問している企業名をGoogleアナリティクスで確認する方法である。ただし、いくつか注意点があるので記載しておく。

1つ目は、企業名はco.jpだけではないということだ。.comのドメインを使っている企業もある。そのため、上記の手順では、co.jpに絞り込んだが、.comで絞り込んだり、官公庁などであれば、lg.jpやgo.jpで絞り込むのも良いだろう。さらに、大学の場合は、ac.jpで絞り込むと良い。

つまり、官公庁を対象にした製品であれば、lg.jpやgo.jpを、大学を対象にしたサービスであれば、ac.jpで絞り込めば良いのである。

2つ目は、日本国内、すべての企業がわかるわけではないことだ。賃貸のオフィスを借りているような企業だと、そのビルからのアクセスになるため、企業名はわからない。このあたりは各企業のネットワークの環境によるため、すべての企業からのアクセスがわかるというわけではないのである。大手企業、有名企業はわかるケースが多い。

以上の内容を注意しながら、想定しているリードからのアクセスがあるのかないのか、確認いただければと思う。

訪問企業名毎にどのページを見たのか?を分析する方法

先ほどご紹介したのは、あるページに訪問している企業はどこか?という視点の分析だった。次にご紹介するのは、「ある企業からの訪問者はどのページを見たか?」の分析である。その手順は下記の通りである。

(1)Googleアナリティクスにログインして期間を指定
(2)絞り込みしたい企業のドメインのみに絞る
(3)どのページを見たか確認する

なお、(1)については、上述と同じなので、割愛させていただく。

(2)絞り込みしたい企業のドメインのみに絞る

期間を指定後、どのページを見ているのか?を確認したい企業のドメインに絞り込む作業を行う。ここではわかりやすく、「abc.co.jp」からのアクセスのみに絞り込むことを例にご紹介する。これにより、abc.co.jpの関係者が自社サイトのどこを見ていたのか?がわかるようになる。

まず、下記の「セグメントを追加」部分をクリックする。

Googleアナリティクスのセグメント追加

セグメント追加をクリックすると、下記のような画面になる。

Googleアナリティクスのセグメント一覧

左上の「新しいセグメント」をクリックする。すると、下記のような画面に切り替わる。

Googleアナリティクスのセグメント追加の詳細画面

この画面になったら、セグメント名に「abc.co.jpからのアクセスのみ」などのように、わかりやすい名前を入力する。その後、条件をクリックする。クリック後、Flashのバージョンのプルダウンをクリックし、検索ボックスに「ドメイン」と入力する。

Googleアナリティクスのドメインセグメント

ドメインと入力後、「ネットワークドメイン」を選択し、「含む」の横に、「abc.co.jp」を入力する。その後、保存をクリックする。クリックしたら、下記のようになる。

Googleアナリティクスのドメインセグメント終了後

これで、特定企業からのアクセスに絞られた状態で分析できるようになる。

(3)どのページを見たか確認する

ここまでできたら、後は簡単である。どのページを見たのか?を確認するだけだ。

たとえば、Googleアナリティクスの左メニューの「行動>サイトコンテンツ>すべてのページ」をクリックすれば、この企業の方がどこを見たかがわかる。

Googleアナリティクスのすべてのページ

例えば、下記のように表示される。

Googleアナリティクスによる企業別の訪問ページ分析

上記の場合、「/column-wp/btob-strategy-howto-201510」のページに、期間中、4名訪問があるということになる。そのほかにも、同じ期間中、どのページをみたのかが、ずらっとリストアップされている。赤線のアイコンをクリックすると該当ページが表示されるので、どこを見たのか、詳しく見たい場合はクリックすると良いだろう。

企業別訪問ページ分析の注意点

ご紹介した手順は、期間中、ある特定のドメインからのアクセスに絞り込んだ上で、どのページを見たのか?を確認する手順だ。そのため、株式会社ABCさんはある期間中、自社サイトのどこを見たのか?を確認することができる。

しかし、注意点がある。それは、大企業の場合、全く別のエリアから別の担当者がたまたまアクセスしてきたということもあるのだ。例えば、株式会社ABCのAさんと商談を進めている場合、株式会社ABCが大企業の場合、Aさんだけのアクセスとは限らないのである。Aさんの部下が見にきているかもしれないし、場合によっては、他の拠点の全く商談とは関係のないBさんかもしれない。そのため、あくまでその企業からのアクセスであるということを前提に、分析すると良いだろう。

まとめ

以上、Googleアナリティクスで訪問企業名を分析する方法と、訪問企業名毎にどのページを見たのか?を分析する方法をご紹介した。御社の自社サイトでも是非分析し、何かに役立てていただければ幸いである。

本当に御社サイトにはリードとなり得る企業が訪問しているのか、一度確認してみると良いだろう。

(平成30年10月4日 デジタルマーケティング「THREE-VIEW」

LINEで送る
Pocket

もっと学びたい方のための関連記事

    • リードナーチャリング「6つの手順」と PDCAの回し方