マーケティングオートメーションのステップメールでホットリード化

資料ダウンロードしたリードの20%以上をステップメールでホットリード化

事例概要

資料ダウンロードしたリードに対するステップメールで20%以上のリードをホットリード化した製造業「F社様」の事例

製造業F社様の主な課題

資料ダウンロードは毎月安定して獲得しているが、その後のフォローが弱い

F社様は毎月安定したリード獲得が実現できていました。しかし、その後のフォローが弱く、確度の高いリードを抽出して営業に展開できない状況が続いていました。

とにかく全てのリードを営業に展開!?フォローがほったらかしになることも

F社様では、毎月獲得したリードをそのまま営業に展開していました。そのため、確度確認がないため、確度の高さに関係なく、フォローは営業の個人判断に任されている状況でした。

ステップメールを実行したいが何をどういう順番で送付すればよいか設計できない。

リード獲得後のフォローが弱いため、マーケティングオートメーションのステップメールを活用されていましたが、どういうシナリオがよいのかわからないままステップメールを配信されていました。

ステップメールの開封率・クリック率が悪く育成に繋がらない、PDCAを回せない

ステップメールを配信したものの、開封率・クリック率が悪く、本当にこれでいいのか?という状況でした。ステップメールのPDCAの回し方もわからず、悩みが尽きない状況でした。

弊社にておこなった主なコンサルティング内容

F社様の課題を解決するため、弊社では、「リードのニーズをベースにしたステップメールの設計」を行いました。具体的には、資料請求フォームにアンケートを設置しリードのニーズを把握。さらに、資料請求から成約になった過去の成約案件を営業部に確認し、その成約過程を整理。資料請求フォームのアンケートと成約過程からホットリードを育成・発見するためのステップメールのシナリオとメールコンテンツを設計しました。

得られた主な成果

資料ダウンロードした直後のリードのニーズを把握することに成功。

成果の1つ目は資料ダウンロードしたリードのニーズ把握の成功です。資料ダウンロードフォームにアンケートをたった2問だけ設置し、そこからダウンロード時のニーズ把握ができるようになりました。

約20%以上のリードを営業に展開することに成功。

成果の2つ目は、20%以上のリードをホットリードとして営業に展開できたことです。資料ダウンロード時のニーズと成約過程に合わせたステップメールにより、リードから様々なアクションを得ることに成功しました。ステップメールから新しいコンバージョンも獲得し、ホットリードと営業が判断しやすい状況を作り出しました。

メールタイトル(件名)を工夫しただけで、開封率が数倍に!

成果の3つ目は、ステップメールの開封率の改善です。ステップメールは短期間でリードを育成する仕組みですが、開封率が悪いと実現できません。そこでメールのタイトル(件名)を徹底的に工夫した結果、開封率が数倍に向上しました。リードのニーズをベースにしたメールタイトル(件名)にこだわった成果と言えます。

成功のポイント

短期的にホットリードを育成するステップメールですが、マーケティングオートメーションを使ったとしても開封率などを向上させることができません。やはり、コンテンツの設計力とメールのタイトル(件名)にまでこだわるコンテンツ制作力が成功のポイントと言えます。

デジタルマーケティングの事例に関してさらに詳しい内容は・・・

デジタルマーケティングの
ノウハウ資料集

デジタルマーケティングに関するノウハウPDFや事例資料をダウンロードできます。

リードナーチャリングを学ぶ
個別セミナー

リードナーチャリングをテーマに、ステップメール設計書のサンプルをお見せしながら、ホットリードの見つけ方などが学べるセミナーです。

お問い合わせ・ご相談

デジタルマーケティングに関してお問い合わせ・ご相談がある場合は下記からお願いいたします。